格付については聞いたことがあると思いますが、格付とは民間の専門家が債券を発行している国や会社、政府地方公共団体などの借金返済能力を格付したものです。

債券は簡単にいうと借用証書です借用証書ですから、借り手が国であれば国債、地方公共団体であれば地方債、会社であれば社債などがあります。

借りた人、返済日、利息の支払い方法が記載してあって、債権を持っている人に対して、支払い期日に利息と元本は支払われる金融商品が債権です。

おまとめローンは、複数のローン会社からの借り入れを、銀行などの金融機関で、一つにまとめて負担を楽にさせる一本化の方法です。

金利について考えてみましょう。

金利とは一体何でしょうか。

これは通常、お金を借りることによって発生する手数料です。

一般的な意味で使う金利とは、資金の融通性に対する価格であると考えられます。

手元にあるをお金は買い物やいろいろな支払いに費やすことができます。

ところが誰かにお金を貸すとそのお金が返済されるまでの間は、自由にそのお金を使うことができません。

その不自由さを対価換算するという考え方から金利という考え方が発生しているわけです。

おまとめローンにも金利は発生します。

おまとめローンは借り入れ可能額が大変大きく、金利の安いものも金融機関によっては出ています。

比較企画サイトなどを利用して、金利を比べてみるのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)