投資の対象には最近では様々なものが増えてきましたので、沢山の方が何らかの投資を行っていると思います。その中でも古くからある金の投資は、やはり魅力的です。その相場を知る為には、まず単位の用語を知る必要があります。重さの単位は世界マーケットにおいて、トロイオンスという単位で表示されます。グラムではありませんので注意が必要です。英字ではTOZと表わされます。オンスと短めに言われる場合もあるかも知れませんが、基本的にはトロイオンスです。また金はその他の投資や世界情勢にも影響を受け易く、経済の不安要因がありますと、比較的安全な金に投資が開始されますので、相場が上がる傾向にあります。これは金その物による影響では無く外因による影響ですので、投資する際の相場チェックには、その他の投資傾向や世界情勢の動向も、配慮する必要があります。

インフレになると金相場が上昇する理由とは

金の投資の良い所は紙幣と違い、増刷することができませんので、インフレによるデメリットが無いことです。とは言え相場は需要、供給、その双方の均衡によって成立していますので、供給が増えれましたら当然価値が下がります。しかし先に述べた貨幣のインフレの場合、減り続ける資産をガードする上でも、価値の上がる金に注目が集まる傾向が強くなり、インフレになれば逆に相場が上昇することになります。実にインフレに強い投資対象であると言えます。やがて世界の経済が正常に戻りますと、今度は資産家は、よりウマ味を求めますから、金から離れて行きます。これはインフレに対応する為、各国が利子の調整を行うケースが常であり、その利子のウマ味を求めて別の投資対象に推移する為、相場が下がる現象であります。ですのでインフレ時には逆の意味で、影響を受けることがあると言えます。

金の相場はそれほど高くない

最近私の周りで、金というものを持っている人がとてもたくさんおり、その見た目が非常に綺麗でしたので、出来れば自分自身も同じように所有したいと考えていました。ただ、恐らく実際に購入するとなると、かなり価格が高そうなイメージがありましたので、あまりお金を持っていなかった自分には、手にするのは無理かもしれないと思いました。ところがある時本を読んでいたら、そこに金の相場と言うものが書かれており、意外とその数字が高くなかったので、私は思わず何度も見直してしまいました。そしてその後、どうやらそれほど高価な物ではなく、誰でも気軽に買うことが出来ると分かりましたので、とてもびっくりしたのとともに、すぐに自分自身も購入してみようと思いました。それから少しして、実際に販売しているお店に出かけてみたところ、気軽に入手することが出来とても嬉しく感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)